領域概要

領域代表

  • 小畑秀文 (東京農工大学・名誉教授)

研究概要

  • 本申請では、新たな学問体系としての「計算解剖学」の創成、およびその医療応用としての画像診断や治療などの支援技術の開発を主目的とする。「計算解剖学」とは、個体差のある解剖構造を統計数理的に記述する計算解剖モデルの表現論・構築論・応用論を含めた新しい学術領域である。具体的には、膨大な個体数の画像データに基づく計算解剖モデルの表現と構築、そ のモデルを利用した頑健かつ精密な画像理解と人体構造知識の抽出(医用画像完全理解)、医療応用に基づくモデルの更なる高度化、これらが一体となった新しい枠組みの確立を目指す。これにより、画像診断・治療技術の高度化、基礎医学研究・教育などへの貢献、さらには高次元画像処理の開発を通して情報学にも多大な寄与が期待できる。

 研究期間

  • 2009年度 - 2013年度

計画研究代表

  • 研究項目A01
    • 増谷 佳孝 (東京大学・講師)
    • 佐藤 嘉伸 (大阪大学・准教授)
    • 藤田 廣志 (岐阜大学・教授)
  • 研究項目A02
    • 仁木 登 (徳島大学・教授)
    • 森 健策 (名古屋大学・教授)
    • 清水 昭伸 (東京農工大学・准教授)
  • 研究項目A03
    • 木戸 尚治 (山口大学・教授)
    • 橋爪 誠 (九州大学・教授)

領域の説明 (スライド クリックすると拡大します)

  • figure01.png figure02.png table01.png
  • figure03.png figure04.png figure05.png figure06.png

各班の説明(スライド)


添付ファイル: file各班の説明.pdf 2483件 [詳細] filetable01.png 1275件 [詳細] filefigure06.png 1852件 [詳細] filefigure05.png 1901件 [詳細] filefigure04.png 1929件 [詳細] filefigure03.png 2040件 [詳細] filefigure02.png 2511件 [詳細] filefigure01.png 2399件 [詳細]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-03 (Tue) 11:24:15 (1446d)